Bitatto(ビタット):目からウロコのアイデア商品 ⇒ ウェットティッシュの乾燥を防ぐ繰り返し使えるフタ
 アイデア商品HOME>Bitatto(ビタット) の使い方
Bitatto(ビタット) の使い方
 
これは便利!!取り口シールが剥がれやすいウェットティッシュに! 
 
 
 
 『Bitatto』(ビタット)で、
あっという間に、乾燥防止フタ付きに変身!!
 
 「シールがはがれて困る!汚い!」・「最後の1枚まで使えない!」
そんな声から生まれた
Bitattoは、付け外し可能なプラスチック製のフタです。
使い方はとても簡単!
フタの裏についている特殊な粘着シートを取り口にビタッと付けるだけ。
中身を使い終わったら、フタをはずして新しいウェットシートの取り口に付けて再使用。
ウェットティッシュやおしりふきなど、使用頻度が多いほど、
その便利さを実感できます!
Bitattoで、今までのイライラとはさよならです

 
 
     使い方~初めに
 
  1.フタの裏についているはくり紙をはがす。  ココから、はがす
  Point①・・・接着シート(面) も一緒には、がさないように注意すること。

2.ウェットシートの取り口シールを本体からはがす。
  Point②・・・本体を破かないように、ゆっくりはがすこと。
(※注意:取り口シールと本体が一体化している場合は、ハサミなどで切り取り
  取り口が破損しないようご注意ください。)


3.取り口の周りにシワが、できないようにしてそっと貼る。
  Point③・・・Bitattoと下地に隙間があいていると中身が乾く原因になるので、
         シワができたときには、そっと取り外して再度、貼り直してください。


4.ウェットシートを使い終わったら、Bitattoをゆっくりと、はがす。
  Point④・・・はがすときはBitattoを閉じた状態でゆっくりとはがす。
         開けた状態で引っ張ってはがすと破損の恐れがあります。
         また、勢いよくはがすと粘着剤が本体に残ることがあります。


5.新しいウェットシートの取り口に付ける場合
  Point⑤・・・すぐに使わない場合は、使っていたウェットシートから取り外さずにしておくか、
         プラスチック製の下敷きなど平らなものに付着して保管してください。
         外して粘着面を放置すると劣化の原因になります


     使い方~こんな時は?
 
 
   1.ゴミやホコリで粘着力が弱まった時は、水拭きでゴミ等を取り除いてください。
    Point①・・・水拭きで再活用できます!

2.手アカやインクなどの油類が付着したら、中性洗剤または、アルコールでやさしく
  拭き取ってください。

    Point②・・・油類が取り除ければ再活用できます!
 
 
     

 プレブ関連サイト

 営業時間のお知らせ
お電話でのお問い合わせは、平日の10:00~18:00になります。土日祝はお休みです。WEbでのご注文、メールは24時間受け付けております。


チームマイナス5%

プライバシーマーク